婚約指輪を買う時、何を重視しましたか?

値段よりもデザイン重視!

婚約指輪といえば、かつては給料の3か月分が相場といわれたほど、愛情の重さと金額が正比例しているかのように考えられていましたよね。しかし、最近では一緒に婚約指輪を買いに行くカップルも増え、女性が指輪選びの主導権を握っているようです。その際に、最も重要視されるのは、金額よりもデザインという人が圧倒的に多いということです。 日常的にアクセサリーとしてつけられるカジュアルなデザインがいい、記念品として大切にできるようなオーソドックスなデザインがよいなどの好みに合わせ、ダイヤの大きさや金額よりも、デザインであることが最優先事項となっています。 デザインが良ければ、婚約期間、毎日身につけるのも嬉しくなりますよね。

長く大切にしたいから品質が重要!

婚約指輪選びにおいて、デザインの次に重視されているのは品質です。プラチナ製である、ダイヤモンドの品質が4Cの基準を満たしているなど、値段で決めるのではなく、指輪自体の質の良さに重点を置いて選んでいる人が多いようです。金額ではなく、品質を重視して選ぶということは、もの選びの目が肥えているということですよね。 また、好きなブランドの指輪であるなども、大切な要素となりますよね。普段はなかなか手が出せないけれど、せっかくの機会なので、婚約指輪は憧れのブランドのものを選ぶ人もあるみたいですよ。ハイブランドは、品質の面でも信用できますよね。 品質が高く気に入ったデザインの婚約指輪は、どんな高価な婚約指輪よりも心に響く指輪に違いないでしょう。